- 沿 革

昭和 7 年
大阪市生野区鶴橋北之町1丁目において創業者・乾朝則が乾製作所を設立し自転車チェーンケースの製造販売を開始する。
昭和 17 年
  商工省の自転車工業整備要項に基づき大阪ケース有限会社を設立。またこの年、大阪市生野区勝山通6丁目に移転する。
昭和 26 年
  大阪市東成区西今里2丁目に今里工場を新設し、プレス、組立、塗装、仕上の一貫社内生産態勢を整える。
昭和 39 年
  輸出貢献企業として認定を受ける。(昭和 47 年迄)
昭和 42 年
  大阪ケース株式会社に組織変更し、資本金を 1,000 万円とする。
昭和 45 年
  橿原工場 敷地 5,272 m2 を購入する。
昭和 46 年
  橿原工場 第1期工事完成、業界初の全ケースプレス全自動化を実現する。
昭和 48 年
  橿原工場 第2期工事完成、本社工場を移設する。
昭和 49 年
  橿原工場 敷地 1,870 m2 を追加購入する。
昭和 52 年
  資本金を 5,000 万円に増資する。
昭和 57 年
  橿原工場 第3期工事完工、本社・今里工場を現在位置に集約する。
昭和 61 年
  板金工場 敷地 2,645 m2 を追加購入する。
板金工場 第1期増築工事完工。
平成 元 年
  板金工場 第2期増築工事完工。
平成 6 年
  全ケース組立てロボット導入による完全自動組立でライン完成。
平成 8 年
  150〜200 屯 大型プレス、シャトルロボット導入。大型プレスロボットライン完成。
平成 9 年
  金型移動ラック設置。




























Copyright (C) 2002 Osaka Case Co.Ltd,.. All Rights Reserved.